格安スマホのデメリットとは? 通信速度の遅さが気になる人は要チェック!

月額料金が安いことで注目を集めている格安スマホですが、通信速度の遅さなどが気になり、なかなか買い替えに踏み切れない人もいるのではないでしょうか。

ここでは、格安スマホに乗り換える前に知っておきたい、乗り換え先の最適な選び方について解説します。

格安スマホのデメリットとは? 通信速度の遅さが気になる人は要チェック!

目次

格安スマホとは?

「格安スマホ」と呼ばれるものは、一般的に2種類あると言われています。

ひとつは、スマホの本体自体の価格が安いものを「格安スマホ」と呼ぶことがあります。価格が安い理由はさまざまありますが、いずれにせよスマホメーカーが最先端の機能を搭載した新発売のスマホよりずっと安い本体価格で販売されているスマホのことを「格安スマホ」と言います。

一方、大手携帯電話会社よりも格安の月額利用料金で使える携帯電話サービスのことも「格安スマホ」と呼ばれます。これは、月額料金が低価格な「格安SIM」を使うためスマホを安価で利用できるのです。つまり、スマホ本体の価格などを含まず、低価格な月額利用料金で利用できる携帯電話サービスのことを「格安スマホ」と呼んでいるのです。

本記事では後者の「格安スマホ」のプランについて解説を進めていきます。

格安スマホのデメリット

格安スマホには、大手携帯電話会社のスマホよりも毎月の料金を低額にできるという大きなメリットがあります。しかし、いくつかのデメリットも存在します。

店頭で相談しにくい

格安スマホは、一般的に「MVNO(格安SIM提供会社)」が提供しています(詳しくはこちらを参考にしてください)。MVNOは、コストの削減のために、手続きやサポートなどをオンラインにすることで人件費を削減し、実店舗を減らす傾向にあります。

一部のMVNOは実店舗を運営していますが、そもそも実店舗が少ないため、乗り換えや契約についての相談や設定方法の問い合わせなどが難しくなってしまうのです。

格安スマホの設定や操作について不明なことがある場合に、ネットを使って自分で解決する必要があるところが、格安スマホのデメリットと言えるでしょう。

キャリアメールが使えない

大手携帯電話会社でスマホを契約すると、いわゆる「キャリアメール」が使え、それぞれの会社で独自のメールアドレス(○○@docomo.ne.jp、○○@au.com、○○@softbank.ne.jpなど)を利用できます。

ですが、格安スマホにすると一部の格安スマホを除きほとんどはキャリアメールが使えなくなります。最近ではスマホでのメッセージのやりとりはLINEのようなメッセージアプリが主流となっていますが、いまだにキャリアメールが重要、という人にとってはデメリットとなるでしょう。

キャリアメールが使えない

通信速度が不安定

格安スマホのデメリットのひとつとして、通信速度が安定しないことも挙げられます。格安スマホは、MVNOが大手携帯電話会社の通信回線を借りて提供している通信サービスです。基本的には借りている大手キャリアの電波エリアや最大通信速度と同等で利用できますが、利用ユーザーが集中する時間帯(昼休み、通勤通学時など)には通信が不安定になったり、通信速度が低下するといったことが起こる可能性があります。

またコストを抑えるため、あまり多くの回線を借りずにサービスを提供しているMVNOもあります。しかし、通信品質は、出資元となる親会社がいくつ回線を借りているかと、それに対して利用ユーザーはどれくらいいるのかで決まりますので、借りている回線が少なく、かつ利用ユーザーが多いほど通信速度は遅くなり、不安定になる可能性が高くなります。

自分で初期設定を行う必要がある

格安スマホの場合、契約が完了すると、マニュアルとSIMカードが送られてくるため、その後の初期設定は自分で行わなければなりません。スマホについて一般的な知識を持っている人なら、問題なく初期設定を行えると思いますが、スマホやデジタル機器が苦手な人にとってはハードルが高く、デメリットとなるかもしれません。

通話料金が高めなことも

格安スマホはデータ通信をメインにサービス提供しているため、音声通話については別契約やオプション契約となることが多いです。基本的に音声通話については追加料金を支払う意識を持っていたほうがいいでしょう。

また大手携帯電話会社で提供されていた「通話し放題」についても、オプション契約をして追加料金を支払うことがほとんどです。ですので格安スマホに限ったことではないですが、スマホを使って頻繁に音声通話をしたい場合、通話料金も考慮した上で月額利用料金が安くなるプランのある携帯電話会社を見つけるといいでしょう。

契約時に同時購入できる端末の種類が少ない

大手携帯電話会社でスマホを利用する場合、回線(SIM)の契約と同時にスマホ端末を購入することが多いです。大手携帯電話会社には多数のスマホメーカーからさまざまな機種が供給されていて、自分好みの端末を選んで契約と同時に購入することができます。

しかし、格安スマホの場合、同時購入できる機種は比較的に多くありません。格安スマホに乗り換えるタイミングで新しい端末を選択しようと思っている人にとっては、選択できる端末の種類が少ないことがデメリットになるかもしれません。

決済方法のほとんどがクレジットカード決済

格安スマホでは、契約時に本人名義のクレジットカードの提示が求められ、毎月の利用料金をクレジットカードで支払うことがほとんどです。そのため、クレジットカードを持っていない人や未成年の人は契約しにくいこともあります。また現金主義の人にとっても、この点がデメリットになるかもしれません。

通信速度の不安定さが心配……そんな人は大手キャリアの格安ブランドもおすすめ

通信速度について不安を抱えている人は、大手携帯電話会社が提供している「格安ブランド」を検討してみるのもいいかもしれません。

大手携帯電話会社では、MVNOの格安スマホと遜色ない価格設定で、格安ブランドを提供しています。ドコモなら「ahamo」、auなら「povo」、ソフトバンクなら「LINEMO」「Y!mobile」が該当します。

格安ブランドを選ぶ時のポイント

上述した格安スマホのデメリットを踏まえながら、MVNOの格安スマホや大手携帯電話会社の格安ブランドを選択するときのポイントについて解説しましょう。

通信速度を重視する

まず、通信回線の速度や安定性を重視する人なら、やはり大手携帯電話会社の通信回線をそのまま利用している格安ブランドを選択するのがいいでしょう。特に外出先、Wi-Fiなどの利用を期待できない場所で通信することが多い人には向いていると言えます。

逆に、Wi-Fi環境で使うことが多いという人なら、通信品質の善し悪しはあまり気にしなくてもいいかもしれません。MVNOの提供する格安スマホを選択しても問題が起こることは多くないでしょう。

料金プランやオプションを重視

料金プランを重視する人は、まず自分が毎月どれほどのデータ量を消費しているのかを把握する必要があるでしょう。

料金プランやオプションを重視

格安スマホの料金プランは、毎月利用できるデータ通信量に応じて設定される場合が多く、データ通信量が多ければ多いほど月額料金が高くなります。自分の使い方に応じてプランを選択するのが、賢い選択方法です。

MVNOによっては、かなり細かくデータ量を設定してサービスプランを提示していることもあります。

LINEMOでは、メインの料金プラン「スマホプラン」の最大データ容量が20GBで月額基本料が2,728円ですが、もう1つ「ミニプラン」が用意されています。こちらは、最大データ容量が3GBで月額基本料が990円と、あまりデータ通信を利用しない人に適した料金プランとなっています。

  • ※「スマホプラン」「ミニプラン」について
  • ・時間帯により速度制御の場合あり。
  • ・通話従量制(22円/30秒)。ナビダイヤル(0570から始まる番号)など異なる料金の電話番号があります。
  • ・オンライン専用
  • ・その他の詳細は文末の※1を参照

さらに格安スマホには、音声通話に関するオプションも用意されています。なお、LINEMOは標準で音声通話可能なプランなので、音声通話は従量制(30秒あたり22円)で利用できます。通話に関するオプションとして、国内通話かけ放題の「通話定額」オプションが月額1,650円で提供されています。また5分以内の国内通話が無料となる「通話準定額」オプションも月額550円で利用できます。これらの通話オプションは「スマホプラン」「ミニプラン」のいずれでも利用可能です。

  • ※「通話定額」「通話準定額」について
  • ・一部無料対象外通話あり。
  • ・その他の詳細は文末の※2を参照

さらに格安SIMには特徴あるオプションが用意されていることもあります。たとえば、特定のSNSやネットサービスについてデータ通信量の消費がされないオプションがあるため、選択肢のひとつになるでしょう。

LINEMOには「LINEギガフリー」という仕組みが用意されています。追加料金なしで利用でき、LINEアプリからのトーク、音声通話、ビデオ通話に伴う通信で、データの消費量がカウントされないというものです。知り合いとのメッセージのやりとりやビデオ通話でLINEを使う機会が多いなら、選択のポイントとなるでしょう。

  • ※「LINEギガフリー」について
  • ・トークでの位置情報の共有・Liveの利用、スタンプショップの利用、ニュース記事の閲覧など、一部 LINE ギガフリーの対象外があります。
  • ・その他の詳細は文末の※3を参照

運営会社の資本力も大切

格安スマホを提供しているMVNOの資本力についても注意したほうがいいかもしれません。

現在では多数のMVNOが格安スマホを提供している昨今ではありますが、資本力があまり大きくない企業がMVNOを運営する場合、なんらかの原因で経営危機に陥ってしまい突然サービスが終了してしまう可能性もゼロではありません。

運営会社の資本力も大切

また、あまり回線の借用に大きなコストを払っていないMVNOの格安スマホにユーザーが集中することで、回線が混み合いすぎて不便を感じるということもあり得ます。いずれ回線が増強されて使い勝手も改善するでしょうが、一定期間我慢しなければならないのは大きなデメリットとなるでしょう。

その点で言うと、LINEMOは大手携帯電話会社であるソフトバンクが提供しているため、資本力については安心できるでしょう。

まとめ

格安スマホに乗り換えることにより、料金的なメリットを得られるとともにいくつかのデメリットも受け入れなければなりません。それを理解しながら、MVNOの格安スマホ、もしくは大手携帯電話会社の格安ブランドを選択するかどうかを検討していきましょう。

  • ※1 「スマホプラン」「ミニプランについて」
  • ・時間帯により速度制御の場合あり。
  • ・通話従量制(22円/30秒)。ナビダイヤル(0570から始まる番号)など異なる料金の電話番号があります。
  • ・契約者年齢が18歳以上であることが必要です。
  • ・法人は対象外です。
  • ・3G専用端末、VoLTEに対応していない端末、SIMロック解除に対応していない端末など一部対象外端末あり。
  • ・MMS(キャリアメール)は利用できません。
  • ・SMSや海外でのご利用分などは別途料金が発生します。
  • ・1カ月あたりのデータ利用量がデータ量上限を超えた場合、月末まで、送受信時の通信速度を最大で、スマホプランについては1Mbps、ミニプランについては300 kbps に制限します。
  • ・データ量上限を超過した場合、追加データ(550円/1GB)を購入することで、通常速度でご利用いただけます。
  • ・月途中に解約の場合(加入月に解約の場合を除く)は、日割り計算は行いません。
  • ・ネットワークサービスの安定的な提供のため、時間帯により、動画、ゲーム等のサービス、AR(拡張現実)等の機能を用いたサービス、その他トラヒックの混雑を生じさせるおそれのあるサービスのご利用にあたり、通信速度を制御します。
  • ・通信が混雑し、又は通信の混雑が⽣じる可能性がある場合、ネットワーク全体の品質を確保するため、通信の種類及び内容にかかわらず、速度を制御する場合があります。
  • ・一定期間内に著しく大量の通信を継続的に行い、機械的な通信と当社が判断した場合は、当該通信を行うお客さまに対して通信速度を制限することがあります。
  • ・余ったデータ量は翌月以降に繰り越しません。
  • ※2
  • ■「通話定額」「通話準定額」について
  • ・一部無料対象外通話あり
  • ・国際通話、0180、0570等から始まる他社が料金設定している電話番号への通話料、番号案内(104)等は無料通話の対象外です。その他当社が指定する電話番号(当社以外が提供する電話サービスの利用にあたり接続する電話番号、一方的な発信又は機械的な発信により、一定時間内に長時間又は多数の通信を一定期間継続して接続する電話番号など)は、無料通話の対象外となります。
  • ・既にスマホプラン又はミニプランをご利用中のお客様が本サービスをお申込みの場合や、月途中にオプション解除の申込をした場合、翌請求月から適用となります。
  • ・ご契約回線を解約する場合、本サービスの定額料は日割り計算を行いません。
  • ■「通話準定額」について
  • ・1回あたり5分を超える国内通話は、30秒につき22円の通話料が別途かかります。
  • ※3 「LINEギガフリー」について
  • ・トークでの位置情報の共有・Live の利用、スタンプショップの利用、ニュース記事の閲覧など、一部 LINE ギガフリーの対象外があります。
  • ・OS、ブラウザ又はアプリケーションのバージョンアップ、アップデート、Wi-Fiからの切替その他技術的要因により、ギガフリーの対象外となる場合があります。詳細は、LINEMOホームページをご確認ください。
  • ・iOS 15以降でiCloud+を利用する際に、プライベートリレーをオンに設定した状態でSafariブラウザからギガフリーの対象サービスを利用すると、データ量を消費する場合がございます。プライベートリレーをオフにした場合、iOS 14以前同様にギガフリーの対象サービスがデータ量を消費せずご利用いただけます。
  • ・ギガフリーの対象サービスは、変更、追加、廃止又はギガフリーの対象外となることがあります。
  • ・時間帯により速度制御される場合あります。
  • ・LINEサービス内で有料のサービスを利用する場合は、別途お支払いが必要です。

※当ページの内容は公開日時点の情報です。
※表示価格は特に断りがない限り税込です。

同じカテゴリの記事 同じカテゴリの記事

Pick up!キャンペーン