本人確認書類本人確認書類

お申し込み時に本人確認書類をアップロードする必要があります。
不備があると申し込みキャンセルになる場合があります。

本人確認書類 アイコン
  • 自身(18歳以上)
    の契約
    自身(18歳以上)
    の契約

     

    ソフトバンク・ワイモバイルから乗り換えの場合は
    本人確認書類は不要です。

  • 外国籍の方の
    契約
    外国籍の方の
    契約

     
  • 子ども(17歳以下)の契約を
    親が行う
    子ども(17歳以下)の契約を
    親が行う

     
  • 家族(18歳以上)

    契約を行う
    家族(18歳以上)

    契約を行う

     
  • 同居している親
    などの契約を
    子が行う
    同居している親
    などの契約を
    子が行う

     

下記①〜②の書類と、場合によっては
③の書類をご用意ください。

  • ※ 17歳以下の方は「契約者」にはなれません。
  • ※ 「契約者」とは、LINEMOと契約を結ぶ名義の方で、利用料金を支払う方を指します(クレジットカードの名義が契約者と同じ必要があるため)。
  • ※ SIMカードは契約者の住所(=契約者の本人確認書類に記載されている住所)に届きます。

下記①〜②の書類と、場合によっては
③の書類をご用意ください。

  • ※ 「契約者」とは、LINEMOと契約を結ぶ名義の方で、利用料金を支払う方を指します(クレジットカードの名義が契約者と同じ必要があるため)。
  • ※ SIMカードは契約者の住所(=契約者の本人確認書類に記載されている住所)に届きます。

下記①〜②の書類と、場合によっては
③の書類をご用意ください。

  • ※ 「契約者」とは、LINEMOと契約を結ぶ名義の方で、利用料金を支払う方を指します(クレジットカードの名義が契約者と同じ必要があるため)。
  • ※ SIMカードは契約者の住所(=契約者の本人確認書類に記載されている住所)に届きます。

本人確認書類

下記の中からひとつをご用意ください。

下記の中から、①契約者(親)の本人確認書類と、②利用者(子ども)の本人確認書類をひとつずつご用意ください。

下記の中から、①契約者(自身)の本人確認書類と、②利用者(家族)の本人確認書類をひとつずつご用意ください。

下記の中から、①契約者(自身)の本人確認書類と、②利用者(親)の本人確認書類をひとつずつご用意ください。

  • SIMカードを利用する
  • eSIMを利用する

SIMカードとeSIMの違い

日本国籍の場合

運転免許証
開く

アップロードするもの

①条件を満たしている運転免許証(表面)
②記載されている姓や住所が申込内容と相違する場合は、条件を満たしている補助書類

  • ※ 利用者の本人確認書類の場合は、補助書類は不要です。

①運転免許証(表面)

  • 1. 有効期限内であること
  • 2. 申し込み時に入力する氏名・住所・生年月日と「運転免許証」の記載が一致していること(姓や住所が異なる場合は補助書類もアップロード)
  • 3. 顔写真がきちんと確認できること(黒ずみやマスキング等で顔が確認できない場合は不可)
  • 4. 日本国政府発行であること(国際免許不可)

②補助書類

「運転免許証」の姓や住所が最新でない場合、最新の情報が記載された以下のいずれかを一緒にアップロードする必要があります。

運転免許証(裏面)

  • 1. 「臓器提供意思表示欄」が無地の紙等で覆い隠された状態であること(該当箇所が覆い隠されてない場合、お申し込みはキャンセルとなります。)

住民票記載事項証明書(原本)

  • 1. 本人確認書類の名義と同じであること
  • 2. 「個人番号(マイナンバー)」と「性別」が無地の紙等で覆い隠された状態であること(該当箇所が覆い隠されてない場合、お申し込みはキャンセルとなります。)
  • 3. 発行日より3カ月以内であること
  • 4. 現住所が記載されていること
  • ※ 「住民票の写し」「広域交付住民票(住民票を登録している市区町村外から発行した住民票の写し)」でも受付可能です。
  • ※ 「住民票の写し」「広域交付住民票」の場合は上記の注意事項のほか、「本籍地」を無地の紙などで覆い隠してください。

公共料金領収書

電気・ガス・水道・NHK受信料の領収書がご利用できます。

  • 1. 本人確認書類の名義と同じであること(家族名義のものは不可)
  • 2. 発行日より3カ月以内であること
  • 3. 現住所が記載されていること
  • 4. 「領収書印」または「領収した」旨が記載されていること
  • ※ 発行元によりデザイン・サイズは異なります。
国民健康保険証 + 補助書類
開く

アップロードするもの

①条件を満たしている国民健康保険証
②条件を満たしている補助書類

  • ※ 利用者の本人確認書類の場合は、補助書類は不要です。

①国民健康保険証

  • 1. 有効期限内であること
  • 2. 申し込み時に入力する氏名・住所・生年月日と「健康保険証」の記載が一致していること
  • 3. 以下が無地の紙等で覆い隠された状態であること
    ・保険者番号
    ・記号、番号
    ・性別
    ・QRコード(記載のある場合のみ)
    ・枝番(記載のある場合のみ)
    (該当箇所が覆い隠されてない場合、お申し込みはキャンセルとなります。)

②補助書類

最新の情報が記載された以下のいずれかを一緒にアップロードする必要があります。

住民票記載事項証明書(原本)

  • 1. 本人確認書類の名義と同じであること
  • 2. 「個人番号(マイナンバー)」と「性別」が無地の紙等で覆い隠された状態であること(該当箇所が覆い隠されてない場合、お申し込みはキャンセルとなります。)
  • 3. 発行日より3カ月以内であること
  • 4. 現住所が記載されていること
  • ※ 「住民票の写し」「広域交付住民票(住民票を登録している市区町村外から発行した住民票の写し)」でも受付可能です。
  • ※ 「住民票の写し」「広域交付住民票」の場合は上記の注意事項のほか、「本籍地」を無地の紙などで覆い隠してください。

公共料金領収書

電気・ガス・水道・NHK受信料の領収書がご利用できます。

  • 1. 本人確認書類の名義と同じであること(家族名義のものは不可)
  • 2. 発行日より3カ月以内であること
  • 3. 現住所が記載されていること
  • 4. 「領収書印」または「領収した」旨が記載されていること
  • ※ 発行元によりデザイン・サイズは異なります。
マイナンバーカード
開く

アップロードするもの

①条件を満たしているマイナンバーカード
②記載されている姓や住所が申込内容と相違する場合は、条件を満たしている補助書類

  • ※ 利用者の本人確認書類の場合は、補助書類は不要です。

①マイナンバーカード

  • 1. 有効期限内であること
  • 2. 申し込み時に入力する氏名・住所・生年月日と「マイナンバーカード」の記載が一致していること(姓や住所が異なる場合は補助書類もアップロード)
  • 3. 「性別」と「臓器提供意思表示欄」が無地の紙等で覆い隠された状態であること(該当箇所が覆い隠されてない場合、お申し込みはキャンセルとなります。)
  • 4. 顔写真がきちんと確認できること(黒ずみやマスキング等で顔が確認できない場合は不可)
  • ※ マイナンバーカードの裏面および通知カードは受付不可

②補助書類

「マイナンバーカード」の姓や住所が最新でない場合、最新の情報が記載された以下のいずれかを一緒にアップロードする必要があります。

住民票記載事項証明書(原本)

  • 1. 本人確認書類の名義と同じであること
  • 2. 「個人番号(マイナンバー)」と「性別」が無地の紙等で覆い隠された状態であること(該当箇所が覆い隠されてない場合、お申し込みはキャンセルとなります。)
  • 3. 発行日より3カ月以内であること
  • 4. 現住所が記載されていること
  • ※ 「住民票の写し」「広域交付住民票(住民票を登録している市区町村外から発行した住民票の写し)」でも受付可能です。
  • ※ 「住民票の写し」「広域交付住民票」の場合は上記の注意事項のほか、「本籍地」を無地の紙などで覆い隠してください。

公共料金領収書

電気・ガス・水道・NHK受信料の領収書がご利用できます。

  • 1. 本人確認書類の名義と同じであること(家族名義のものは不可)
  • 2. 発行日より3カ月以内であること
  • 3. 現住所が記載されていること
  • 4. 「領収書印」または「領収した」旨が記載されていること
  • ※ 発行元によりデザイン・サイズは異なります。
パスポート(2020年2月4日以降に申請)+補助書類
開く

注意

査証ページの背景に葛飾北斎の冨嶽三十六景が描かれている場合は、新型の「パスポート(2020年2月4日以降に申請)」です。
描かれてなく真っ白な場合は「旧型パスポート(2020年2月3日以前に申請)」です。

アップロードするもの

①条件を満たしている【新型】日本国パスポート(2020年2月4日以降に申請)の「写真記載面」
②条件を満たしている補助書類

  • ※ 利用者の本人確認書類の場合は、補助書類は不要です。

①【新型】日本国パスポート
(2020年2月4日以降に申請)

  • 1. 有効期限内であること
  • 2. 申し込み時に入力する氏名・生年月日と「日本国パスポート」の記載が一致していること
  • 3. 「性別」が無地の紙等で覆い隠された状態であること(該当箇所が覆い隠されてない場合、お申し込みはキャンセルとなります。)
  • 4. 顔写真がきちんと確認できること(黒ずみやマスキング等で顔が確認できない場合は不可)
  • 5. 日本国政府発行であること

②補助書類

最新の情報が記載された以下のいずれかを一緒にアップロードする必要があります。

住民票記載事項証明書(原本)

  • 1. 本人確認書類の名義と同じであること
  • 2. 「個人番号(マイナンバー)」と「性別」が無地の紙等で覆い隠された状態であること(該当箇所が覆い隠されてない場合、お申し込みはキャンセルとなります。)
  • 3. 発行日より3カ月以内であること
  • 4. 現住所が記載されていること
  • ※ 「住民票の写し」「広域交付住民票(住民票を登録している市区町村外から発行した住民票の写し)」でも受付可能です。
  • ※ 「住民票の写し」「広域交付住民票」の場合は上記の注意事項のほか、「本籍地」を無地の紙などで覆い隠してください。

公共料金領収書

電気・ガス・水道・NHK受信料の領収書がご利用できます。

  • 1. 本人確認書類の名義と同じであること(家族名義のものは不可)
  • 2. 発行日より3カ月以内であること
  • 3. 現住所が記載されていること
  • 4. 「領収書印」または「領収した」旨が記載されていること
  • ※ 発行元によりデザイン・サイズは異なります。
旧型パスポート(2020年2月3日以前に申請)
開く

注意

査証ページの背景に葛飾北斎の冨嶽三十六景が描かれている場合は、新型の「パスポート(2020年2月4日以降に申請)」です。
描かれてなく真っ白な場合は「旧型パスポート(2020年2月3日以前に申請)」です。

アップロードするもの

①条件を満たしている【旧型】日本国パスポート(2020年2月3日以前に申請)の「写真記載面」と「所持人記入面」
②記載されている姓や住所が申込内容と相違する場合は、条件を満たしている補助書類

  • ※ 利用者の本人確認書類の場合は、補助書類は不要です。

①【旧型】日本国パスポート
(2020年2月3日以前に申請)

  • 1. 有効期限内であること
  • 2. 申し込み時に入力する氏名・住所・生年月日と「日本国パスポート」の記載が一致していること(姓や住所が異なる場合は補助書類もアップロード)
  • 3. 「性別」が無地の紙等で覆い隠された状態であること(該当箇所が覆い隠されてない場合、お申し込みはキャンセルとなります。)
  • 4. 顔写真がきちんと確認できること(黒ずみやマスキング等で顔が確認できない場合は不可)
  • 5. 日本国政府発行であること

②補助書類

「日本国パスポート」の姓や住所が最新でない場合、最新の情報が記載された以下のいずれかを一緒にアップロードする必要があります。

住民票記載事項証明書(原本)

  • 1. 本人確認書類の名義と同じであること
  • 2. 「個人番号(マイナンバー)」と「性別」が無地の紙等で覆い隠された状態であること(該当箇所が覆い隠されてない場合、お申し込みはキャンセルとなります。)
  • 3. 発行日より3カ月以内であること
  • 4. 現住所が記載されていること
  • ※ 「住民票の写し」「広域交付住民票(住民票を登録している市区町村外から発行した住民票の写し)」でも受付可能です。
  • ※ 「住民票の写し」「広域交付住民票」の場合は上記の注意事項のほか、「本籍地」を無地の紙などで覆い隠してください。

公共料金領収書

電気・ガス・水道・NHK受信料の領収書がご利用できます。

  • 1. 本人確認書類の名義と同じであること(家族名義のものは不可)
  • 2. 発行日より3カ月以内であること
  • 3. 現住所が記載されていること
  • 4. 「領収書印」または「領収した」旨が記載されていること
  • ※ 発行元によりデザイン・サイズは異なります。
住民基本台帳カード + 補助書類
開く

アップロードするもの

①条件を満たしている住民基本台帳カード
②条件を満たしている補助書類

  • ※ 利用者の本人確認書類の場合は、補助書類は不要です。

①住民基本台帳カード

  • 1. 有効期限内であること
  • 2. 申し込み時に入力する氏名・住所・生年月日と「住民基本台帳カード」の記載が一致していること
  • 3. 「性別」が無地の紙等で覆い隠された状態であること(該当箇所が覆い隠されてない場合、お申し込みはキャンセルとなります。)
  • 4. 顔写真がきちんと確認できること(黒ずみやマスキング等で顔が確認できない場合は不可)

②補助書類

最新の情報が記載された以下のいずれかを一緒にアップロードする必要があります。

住民票記載事項証明書(原本)

  • 1. 本人確認書類の名義と同じであること
  • 2. 「個人番号(マイナンバー)」と「性別」が無地の紙等で覆い隠された状態であること(該当箇所が覆い隠されてない場合、お申し込みはキャンセルとなります。)
  • 3. 発行日より3カ月以内であること
  • 4. 現住所が記載されていること
  • ※ 「住民票の写し」「広域交付住民票(住民票を登録している市区町村外から発行した住民票の写し)」でも受付可能です。
  • ※ 「住民票の写し」「広域交付住民票」の場合は上記の注意事項のほか、「本籍地」を無地の紙などで覆い隠してください。

公共料金領収書

電気・ガス・水道・NHK受信料の領収書がご利用できます。

  • 1. 本人確認書類の名義と同じであること(家族名義のものは不可)
  • 2. 発行日より3カ月以内であること
  • 3. 現住所が記載されていること
  • 4. 「領収書印」または「領収した」旨が記載されていること
  • ※ 発行元によりデザイン・サイズは異なります。
社会保険証 + 補助書類
開く

アップロードするもの

①条件を満たしている社会保険証
②条件を満たしている補助書類

  • ※ 利用者の本人確認書類の場合は、補助書類は不要です。

①社会保険証

  • 1. 申し込み時に入力する氏名・住所・生年月日と「社会保険証」の記載が一致していること
  • 2. 以下が無地の紙等で覆い隠された状態であること
    ・保険者番号
    ・記号、番号
    ・性別
    ・QRコード(記載のある場合のみ)
    ・枝番(記載のある場合のみ)
    ・臓器提供意思表示欄
    (該当箇所が覆い隠されてない場合、お申し込みはキャンセルとなります。)

②補助書類

最新の情報が記載された以下のいずれかを一緒にアップロードする必要があります。

住民票記載事項証明書(原本)

  • 1. 本人確認書類の名義と同じであること
  • 2. 「個人番号(マイナンバー)」と「性別」が無地の紙等で覆い隠された状態であること(該当箇所が覆い隠されてない場合、お申し込みはキャンセルとなります。)
  • 3. 発行日より3カ月以内であること
  • 4. 現住所が記載されていること
  • ※ 「住民票の写し」「広域交付住民票(住民票を登録している市区町村外から発行した住民票の写し)」でも受付可能です。
  • ※ 「住民票の写し」「広域交付住民票」の場合は上記の注意事項のほか、「本籍地」を無地の紙などで覆い隠してください。

公共料金領収書

電気・ガス・水道・NHK受信料の領収書がご利用できます。

  • 1. 本人確認書類の名義と同じであること(家族名義のものは不可)
  • 2. 発行日より3カ月以内であること
  • 3. 現住所が記載されていること
  • 4. 「領収書印」または「領収した」旨が記載されていること
  • ※ 発行元によりデザイン・サイズは異なります。
身体障がい者手帳
開く

アップロードするもの

①条件を満たしている身体障がい者手帳
②記載されている姓や住所が申込内容と相違する場合は、条件を満たしている補助書類

  • ※ 利用者の本人確認書類の場合は、補助書類は不要です。

①身体障がい者手帳

  • 1. 申し込み時に入力する氏名・住所・生年月日と「身体障がい者手帳」の記載が一致していること(姓や住所が異なる場合は補助書類もアップロード)
  • 2. 以下が無地の紙等で覆い隠された状態であること
    ・障がい名(障がいの種別)
    ・障がいの等級
    ・性別
    (該当箇所が覆い隠されてない場合、お申し込みはキャンセルとなります。)
  • 3. 顔写真がきちんと確認できること(黒ずみやマスキング等で顔が確認できない場合は不可)

②補助書類

「身体障がい者手帳」の姓や住所が最新でない場合、最新の情報が記載された以下のいずれかを一緒にアップロードする必要があります。

住民票記載事項証明書(原本)

  • 1. 本人確認書類の名義と同じであること
  • 2. 「個人番号(マイナンバー)」と「性別」が無地の紙等で覆い隠された状態であること(該当箇所が覆い隠されてない場合、お申し込みはキャンセルとなります。)
  • 3. 発行日より3カ月以内であること
  • 4. 現住所が記載されていること
  • ※ 「住民票の写し」「広域交付住民票(住民票を登録している市区町村外から発行した住民票の写し)」でも受付可能です。
  • ※ 「住民票の写し」「広域交付住民票」の場合は上記の注意事項のほか、「本籍地」を無地の紙などで覆い隠してください。

公共料金領収書

電気・ガス・水道・NHK受信料の領収書がご利用できます。

  • 1. 本人確認書類の名義と同じであること(家族名義のものは不可)
  • 2. 発行日より3カ月以内であること
  • 3. 現住所が記載されていること
  • 4. 「領収書印」または「領収した」旨が記載されていること
  • ※ 発行元によりデザイン・サイズは異なります。
療育手帳
開く

アップロードするもの

①条件を満たしている療育手帳
②記載されている姓や住所が申込内容と相違する場合は、条件を満たしている補助書類

  • ※ 利用者の本人確認書類の場合は、補助書類は不要です。

①療育手帳

  • 1. 交付日の記載がある、もしくは有効期限内であること
  • 2. 申し込み時に入力する氏名・住所・生年月日と「療育手帳」の記載が一致していること(姓や住所が異なる場合は補助書類もアップロード)
  • 3. 以下が無地の紙等で覆い隠された状態であること
    ・障がい名(障がいの種別)
    ・障がいの等級
    ・性別
    (該当箇所が覆い隠されてない場合、お申し込みはキャンセルとなります。)
  • 4. 顔写真がきちんと確認できること(黒ずみやマスキング等で顔が確認できない場合は不可)

②補助書類

「療育手帳」の姓や住所が最新でない場合、最新の情報が記載された以下のいずれかを一緒にアップロードする必要があります。

住民票記載事項証明書(原本)

  • 1. 本人確認書類の名義と同じであること
  • 2. 「個人番号(マイナンバー)」と「性別」が無地の紙等で覆い隠された状態であること(該当箇所が覆い隠されてない場合、お申し込みはキャンセルとなります。)
  • 3. 発行日より3カ月以内であること
  • 4. 現住所が記載されていること
  • ※ 「住民票の写し」「広域交付住民票(住民票を登録している市区町村外から発行した住民票の写し)」でも受付可能です。
  • ※ 「住民票の写し」「広域交付住民票」の場合は上記の注意事項のほか、「本籍地」を無地の紙などで覆い隠してください。

公共料金領収書

電気・ガス・水道・NHK受信料の領収書がご利用できます。

  • 1. 本人確認書類の名義と同じであること(家族名義のものは不可)
  • 2. 発行日より3カ月以内であること
  • 3. 現住所が記載されていること
  • 4. 「領収書印」または「領収した」旨が記載されていること
  • ※ 発行元によりデザイン・サイズは異なります。
精神障がい者手帳
開く

アップロードするもの

①条件を満たしている精神障がい者手帳
②記載されている姓や住所が申込内容と相違する場合は、条件を満たしている補助書類

  • ※ 利用者の本人確認書類の場合は、補助書類は不要です。

①精神障がい者手帳

  • 1. 交付日の記載がある、もしくは有効期限内であること
  • 2. 申し込み時に入力する氏名・住所・生年月日と「精神障がい者手帳」の記載が一致していること(姓や住所が異なる場合は補助書類もアップロード)
  • 3. 以下が無地の紙等で覆い隠された状態であること
    ・障がい名(障がいの種別)
    ・障がいの等級
    ・性別
    (該当箇所が覆い隠されてない場合、お申し込みはキャンセルとなります。)
  • 4. 顔写真がきちんと確認できること(黒ずみやマスキング等で顔が確認できない場合は不可)

②補助書類

「精神障がい者手帳」の姓や住所が最新でない場合、最新の情報が記載された以下のいずれかを一緒にアップロードする必要があります。

住民票記載事項証明書(原本)

  • 1. 本人確認書類の名義と同じであること
  • 2. 「個人番号(マイナンバー)」と「性別」が無地の紙等で覆い隠された状態であること(該当箇所が覆い隠されてない場合、お申し込みはキャンセルとなります。)
  • 3. 発行日より3カ月以内であること
  • 4. 現住所が記載されていること
  • ※ 「住民票の写し」「広域交付住民票(住民票を登録している市区町村外から発行した住民票の写し)」でも受付可能です。
  • ※ 「住民票の写し」「広域交付住民票」の場合は上記の注意事項のほか、「本籍地」を無地の紙などで覆い隠してください。

公共料金領収書

電気・ガス・水道・NHK受信料の領収書がご利用できます。

  • 1. 本人確認書類の名義と同じであること(家族名義のものは不可)
  • 2. 発行日より3カ月以内であること
  • 3. 現住所が記載されていること
  • 4. 「領収書印」または「領収した」旨が記載されていること
  • ※ 発行元によりデザイン・サイズは異なります。

外国籍の場合

在留資格が「永住者」

在留カード
開く

アップロードするもの

①条件を満たしている在留カード(裏面・表面)
②記載されている姓や住所が申込内容と相違する場合は、条件を満たしている補助書類

  • ※ 利用者の本人確認書類の場合は、補助書類は不要です。

①在留カード

  • 1. 有効期限内であること
  • 2. 申し込み時に入力する氏名・住所・生年月日と「在留カード」の記載が一致していること(姓や住所が異なる場合は補助書類もアップロード)
  • 3. 「性別」が無地の紙等で覆い隠された状態であること(該当箇所が覆い隠されてない場合、お申し込みはキャンセルとなります。)
  • 4. 顔写真がきちんと確認できること(黒ずみやマスキング等で顔が確認できない場合は不可)

②補助書類

「在留カード」の姓や住所が最新でない場合、最新の情報が記載された以下のいずれかを一緒にアップロードする必要があります。

住民票記載事項証明書(原本)

  • 1. 本人確認書類の名義と同じであること
  • 2.「個人番号(マイナンバー)」と「性別」が無地の紙等で覆い隠された状態であること(該当箇所が覆い隠されてない場合、お申し込みはキャンセルとなります。)
  • 3. 発行日より3カ月以内であること
  • 4. 現住所が記載されていること
  • ※ 「住民票の写し」「広域交付住民票(住民票を登録している市区町村外から発行した住民票の写し)」でも受付可能です。
  • ※ 「住民票の写し」「広域交付住民票」の場合は上記の注意事項のほか、「本籍地」を無地の紙などで覆い隠してください。

公共料金領収書

電気・ガス・水道・NHK受信料の領収書がご利用できます。

  • 1. 本人確認書類の名義と同じであること(家族名義のものは不可)
  • 2. 発行日より3カ月以内であること
  • 3. 現住所が記載されていること
  • 4. 「領収書印」または「領収した」旨が記載されていること
  • ※ 発行元によりデザイン・サイズは異なります。

在留資格が「特別永住者」

特別永住者証明書
開く

アップロードするもの

①条件を満たしている特別永住者証明書
②記載されている姓や住所が申込内容と相違する場合は、条件を満たしている補助書類

  • ※ 利用者の本人確認書類の場合は、補助書類は不要です。

①特別永住者証明書

  • 1. 有効期限内であること
  • 2. 申し込み時に入力する氏名・住所・生年月日と「特別永住者証明書」の記載が一致していること(姓や住所が異なる場合は補助書類もアップロード)
  • 3. 「性別」が無地の紙等で覆い隠された状態であること(該当箇所が覆い隠されてない場合、お申し込みはキャンセルとなります。)
  • 4. 顔写真がきちんと確認できること(黒ずみやマスキング等で顔が確認できない場合は不可)

②補助書類

「特別永住者証明書」の姓や住所が最新でない場合、最新の情報が記載された以下のいずれかを一緒にアップロードする必要があります。

住民票記載事項証明書(原本)

  • 1. 本人確認書類の名義と同じであること
  • 2. 「個人番号(マイナンバー)」と「性別」が無地の紙等で覆い隠された状態であること(該当箇所が覆い隠されてない場合、お申し込みはキャンセルとなります。)
  • 3. 発行日より3カ月以内であること
  • 4. 現住所が記載されていること
  • ※ 「住民票の写し」「広域交付住民票(住民票を登録している市区町村外から発行した住民票の写し)」でも受付可能です。
  • ※ 「住民票の写し」「広域交付住民票」の場合は上記の注意事項のほか、「本籍地」を無地の紙などで覆い隠してください。

公共料金領収書

電気・ガス・水道・NHK受信料の領収書がご利用できます。

  • 1. 本人確認書類の名義と同じであること(家族名義のものは不可)
  • 2. 発行日より3カ月以内であること
  • 3. 現住所が記載されていること
  • 4. 「領収書印」または「領収した」旨が記載されていること
  • ※ 発行元によりデザイン・サイズは異なります。

在留資格が上記以外

在留カード+外国パスポート
開く

アップロードするもの

①条件を満たしている在留カード(表面・裏面)
②条件を満たしている外国パスポートの「写真記載面」
③記載されている姓や住所が申込内容と相違する場合は、条件を満たしている補助書類

  • ※ 利用者の本人確認書類の場合は、補助書類は不要です。

①在留カード

  • 1. 有効期限内であること
  • 2. 申し込み時に入力する氏名・住所・生年月日と「在留カード」の記載が一致していること(姓や住所が異なる場合は補助書類もアップロード)
  • 3. 「性別」が無地の紙等で覆い隠された状態であること(該当箇所が覆い隠されてない場合、お申し込みはキャンセルとなります。)
  • 4. 顔写真がきちんと確認できること(黒ずみやマスキング等で顔が確認できない場合は不可)

②外国パスポート

  • 1. 「性別」が無地の紙等で覆い隠された状態であること(該当箇所が覆い隠されてない場合、お申し込みはキャンセルとなります。)

③補助書類

「在留カード」または「外国パスポート」の姓や住所が最新でない場合、最新の情報が記載された以下のいずれかを一緒にアップロードする必要があります。

住民票記載事項証明書(原本)

  • 1. 本人確認書類の名義と同じであること
  • 2. 「個人番号(マイナンバー)」と「性別」が無地の紙等で覆い隠された状態であること(該当箇所が覆い隠されてない場合、お申し込みはキャンセルとなります。)
  • 3. 発行日より3カ月以内であること
  • 4. 現住所が記載されていること
  • ※ 「住民票の写し」「広域交付住民票(住民票を登録している市区町村外から発行した住民票の写し)」でも受付可能です。
  • ※ 「住民票の写し」「広域交付住民票」の場合は上記の注意事項のほか、「本籍地」を無地の紙などで覆い隠してください。

公共料金領収書

電気・ガス・水道・NHK受信料の領収書がご利用できます。

  • 1. 本人確認書類の名義と同じであること(家族名義のものは不可)
  • 2. 発行日より3カ月以内であること
  • 3. 現住所が記載されていること
  • 4. 「領収書印」または「領収した」旨が記載されていること
  • ※ 発行元によりデザイン・サイズは異なります。

SIMカードとeSIMの違い

日本国籍の場合

運転免許証
開く

アップロードするもの

条件を満たしている運転免許証(表面、裏面)

運転免許証(表面)

記載の氏名や住所がお申し込み内容と相違する場合は、お申し込みがキャンセルとなりますのでご注意ください。

  • 1. 有効期限内であること
  • 2. 申し込み時に入力する氏名・住所・生年月日と「運転免許証」の記載が一致していること
  • 3. 顔写真がきちんと確認できること(黒ずみやマスキング等で顔が確認できない場合は不可)
  • 4. 日本国政府発行であること(国際免許不可)

運転免許証(裏面)

運転経歴証明書
開く

アップロードするもの

条件を満たしている運転経歴証明書(表面、裏面)

運転経歴証明書(表面)

記載の氏名や住所がお申し込み内容と相違する場合は、お申し込みがキャンセルとなりますのでご注意ください。

  • 1. 申し込み時に入力する氏名・住所・生年月日と「運転経歴証明書」の記載が一致していること
  • 2. 顔写真がきちんと確認できること(黒ずみやマスキング等で顔が確認できない場合は不可)
  • 3. 日本国政府発行であること(国際免許不可)

運転経歴証明書(裏面)

マイナンバーカード
開く

アップロードするもの

条件を満たしているマイナンバーカード(表面のみ)

※ 裏面および通知カードは受付不可

マイナンバーカード

記載の氏名や住所がお申し込み内容と相違する場合は、お申し込みがキャンセルとなりますのでご注意ください。

  • 1. 有効期限内であること
  • 2. 申し込み時に入力する氏名・住所・生年月日と「マイナンバーカード」の記載が一致していること
  • 3. 顔写真がきちんと確認できること(黒ずみやマスキング等で顔が確認できない場合は不可)
旧型パスポート(2020年2月3日以前に申請)
開く

アップロードするもの

条件を満たしている【旧型】日本国パスポート(2020年2月3日以前に申請)の「写真記載面」と「所持人記入面」

※ 2020年2月4日以降に申請されたパスポート(新型の2020年旅券)は所持人記入欄がないため受付不可

【旧型】日本国パスポート
(2020年2月3日以前に申請)

記載の氏名や住所がお申し込み内容と相違する場合は、お申し込みがキャンセルとなりますのでご注意ください。

  • 1. 有効期限内であること
  • 2. 申し込み時に入力する氏名・住所・生年月日と「日本国パスポート」の記載が一致していること
  • 3. 顔写真がきちんと確認できること(黒ずみやマスキング等で顔が確認できない場合は不可)
  • 4. 日本国政府発行であること

外国籍の場合

在留資格が「永住者」

在留カード
開く

アップロードするもの

条件を満たしている在留カード

在留カード

記載の氏名や住所がお申し込み内容と相違する場合は、お申し込みがキャンセルとなりますのでご注意ください。

  • 1. 有効期限内であること
  • 2. 申し込み時に入力する氏名・住所・生年月日と「在留カード」の記載が一致していること
  • 3. 顔写真がきちんと確認できること(黒ずみやマスキング等で顔が確認できない場合は不可)

在留資格が「特別永住者」

特別永住者証明書
開く

アップロードするもの

条件を満たしている特別永住者証明書

特別永住者証明書

記載の氏名や住所がお申し込み内容と相違する場合は、お申し込みがキャンセルとなりますのでご注意ください。

  • 1. 有効期限内であること
  • 2. 申し込み時に入力する氏名・住所・生年月日と「特別永住者証明書」の記載が一致していること
  • 3. 顔写真がきちんと確認できること(黒ずみやマスキング等で顔が確認できない場合は不可)
  • SIMカードを利用する
  • eSIMを利用する

家族証明の確認書類

契約者(親)と利用者(子ども)の姓が異なり、かつ同居していない場合のみ、以下の③家族証明の確認書類も必要です。
下記の中からひとつをご用意ください。

契約者(自身)と利用者(親)の姓が異なり、かつ同居していない場合のみ、以下の③家族証明の確認書類も必要です。
下記の中からひとつをご用意ください。

戸籍謄本
開く

  • 1. 発行日より3カ月以内であること

もしくは

住民票記載事項証明書(原本)
開く

  • 1. 本人確認書類の名義と同じであること
  • 2.「個人番号(マイナンバー)」と「性別」が無地の紙等で覆い隠された状態であること(該当箇所が覆い隠されてない場合、お申し込みはキャンセルとなります。)
  • 3. 発行日より3カ月以内であること
  • 4. 現住所が記載されていること
  • ※ 「住民票の写し」「広域交付住民票(住民票を登録している市区町村外から発行した住民票の写し)」でも受付可能です。
  • ※ 「住民票の写し」「広域交付住民票」の場合は上記の注意事項のほか、「本籍地」を無地の紙などで覆い隠してください。

①本人確認書類

下記の中から在留資格にあったものをご用意ください。

  • SIMカードを利用する
  • eSIMを利用する

SIMカードとeSIMの違い

在留資格が「永住者」

在留カード
開く

アップロードするもの

①条件を満たしている在留カード(裏面・表面)
②記載されている姓や住所が申込内容と相違する場合は、条件を満たしている補助書類

  • ※ 利用者の本人確認書類の場合は、補助書類は不要です。

①在留カード

  • 1. 有効期限内であること
  • 2. 申し込み時に入力する氏名・住所・生年月日と「在留カード」の記載が一致していること(姓や住所が異なる場合は補助書類もアップロード)
  • 3. 「性別」が無地の紙等で覆い隠された状態であること(該当箇所が覆い隠されてない場合、お申し込みはキャンセルとなります。)
  • 4. 顔写真がきちんと確認できること(黒ずみやマスキング等で顔が確認できない場合は不可)

②補助書類

「在留カード」の姓や住所が最新でない場合、最新の情報が記載された以下のいずれかを一緒にアップロードする必要があります。

住民票記載事項証明書(原本)

  • 1. 本人確認書類の名義と同じであること
  • 2.「個人番号(マイナンバー)」と「性別」が無地の紙等で覆い隠された状態であること(該当箇所が覆い隠されてない場合、お申し込みはキャンセルとなります。)
  • 3. 発行日より3カ月以内であること
  • 4. 現住所が記載されていること
  • ※ 「住民票の写し」「広域交付住民票(住民票を登録している市区町村外から発行した住民票の写し)」でも受付可能です。
  • ※ 「住民票の写し」「広域交付住民票」の場合は上記の注意事項のほか、「本籍地」を無地の紙などで覆い隠してください。

公共料金領収書

電気・ガス・水道・NHK受信料の領収書がご利用できます。

  • 1. 本人確認書類の名義と同じであること(家族名義のものは不可)
  • 2. 発行日より3カ月以内であること
  • 3. 現住所が記載されていること
  • 4. 「領収書印」または「領収した」旨が記載されていること
  • ※ 発行元によりデザイン・サイズは異なります。

在留資格が「特別永住者」

特別永住者証明書
開く

アップロードするもの

①条件を満たしている特別永住者証明書
②記載されている姓や住所が申込内容と相違する場合は、条件を満たしている補助書類

  • ※ 利用者の本人確認書類の場合は、補助書類は不要です。

①特別永住者証明書

  • 1. 有効期限内であること
  • 2. 申し込み時に入力する氏名・住所・生年月日と「特別永住者証明書」の記載が一致していること(姓や住所が異なる場合は補助書類もアップロード)
  • 3. 「性別」が無地の紙等で覆い隠された状態であること(該当箇所が覆い隠されてない場合、お申し込みはキャンセルとなります。)
  • 4. 顔写真がきちんと確認できること(黒ずみやマスキング等で顔が確認できない場合は不可)

②補助書類

「特別永住者証明書」の姓や住所が最新でない場合、最新の情報が記載された以下のいずれかを一緒にアップロードする必要があります。

住民票記載事項証明書(原本)

  • 1. 本人確認書類の名義と同じであること
  • 2. 「個人番号(マイナンバー)」と「性別」が無地の紙等で覆い隠された状態であること(該当箇所が覆い隠されてない場合、お申し込みはキャンセルとなります。)
  • 3. 発行日より3カ月以内であること
  • 4. 現住所が記載されていること
  • ※ 「住民票の写し」「広域交付住民票(住民票を登録している市区町村外から発行した住民票の写し)」でも受付可能です。
  • ※ 「住民票の写し」「広域交付住民票」の場合は上記の注意事項のほか、「本籍地」を無地の紙などで覆い隠してください。

公共料金領収書

電気・ガス・水道・NHK受信料の領収書がご利用できます。

  • 1. 本人確認書類の名義と同じであること(家族名義のものは不可)
  • 2. 発行日より3カ月以内であること
  • 3. 現住所が記載されていること
  • 4. 「領収書印」または「領収した」旨が記載されていること
  • ※ 発行元によりデザイン・サイズは異なります。

在留資格が上記以外

在留カード+外国パスポート
開く

アップロードするもの

①条件を満たしている在留カード(表面・裏面)
②条件を満たしている外国パスポートの「写真記載面」
③記載されている姓や住所が申込内容と相違する場合は、条件を満たしている補助書類

  • ※ 利用者の本人確認書類の場合は、補助書類は不要です。

①在留カード

  • 1. 有効期限内であること
  • 2. 申し込み時に入力する氏名・住所・生年月日と「在留カード」の記載が一致していること(姓や住所が異なる場合は補助書類もアップロード)
  • 3. 「性別」が無地の紙等で覆い隠された状態であること(該当箇所が覆い隠されてない場合、お申し込みはキャンセルとなります。)
  • 4. 顔写真がきちんと確認できること(黒ずみやマスキング等で顔が確認できない場合は不可)

②外国パスポート

  • 1. 「性別」が無地の紙等で覆い隠された状態であること(該当箇所が覆い隠されてない場合、お申し込みはキャンセルとなります。)

③補助書類

「在留カード」または「外国パスポート」の姓や住所が最新でない場合、最新の情報が記載された以下のいずれかを一緒にアップロードする必要があります。

住民票記載事項証明書(原本)

  • 1. 本人確認書類の名義と同じであること
  • 2. 「個人番号(マイナンバー)」と「性別」が無地の紙等で覆い隠された状態であること(該当箇所が覆い隠されてない場合、お申し込みはキャンセルとなります。)
  • 3. 発行日より3カ月以内であること
  • 4. 現住所が記載されていること
  • ※ 「住民票の写し」「広域交付住民票(住民票を登録している市区町村外から発行した住民票の写し)」でも受付可能です。
  • ※ 「住民票の写し」「広域交付住民票」の場合は上記の注意事項のほか、「本籍地」を無地の紙などで覆い隠してください。

公共料金領収書

電気・ガス・水道・NHK受信料の領収書がご利用できます。

  • 1. 本人確認書類の名義と同じであること(家族名義のものは不可)
  • 2. 発行日より3カ月以内であること
  • 3. 現住所が記載されていること
  • 4. 「領収書印」または「領収した」旨が記載されていること
  • ※ 発行元によりデザイン・サイズは異なります。

SIMカードとeSIMの違い

在留資格が「永住者」

在留カード
開く

アップロードするもの

条件を満たしている在留カード

在留カード

記載の氏名や住所がお申し込み内容と相違する場合は、お申し込みがキャンセルとなりますのでご注意ください。

  • 1. 有効期限内であること
  • 2. 申し込み時に入力する氏名・住所・生年月日と「在留カード」の記載が一致していること
  • 3. 顔写真がきちんと確認できること(黒ずみやマスキング等で顔が確認できない場合は不可)

在留資格が「特別永住者」

特別永住者証明書
開く

アップロードするもの

条件を満たしている特別永住者証明書

特別永住者証明書

記載の氏名や住所がお申し込み内容と相違する場合は、お申し込みがキャンセルとなりますのでご注意ください。

  • 1. 有効期限内であること
  • 2. 申し込み時に入力する氏名・住所・生年月日と「特別永住者証明書」の記載が一致していること
  • 3. 顔写真がきちんと確認できること(黒ずみやマスキング等で顔が確認できない場合は不可)
  • SIMカードを利用する
  • eSIMを利用する

アップロード画像
の注意点
アップロード画像
の注意点

アップロードする画像は、スマートフォンやデジタルカメラで撮影してください。

上手な撮影方法

・壁などに立てかけて撮影する

・壁などに立てかけて撮影する

・ピントを合わせる

・脇を固定する、脇をしめる

以下のような画像の場合、審査がNGとなったり、時間がかかったりする場合があります。

申込〜利用開始まで
の流れ
申込〜利用開始まで
の流れ

申込〜利用開始までの流れ アイコン

申し込み前の準備と、申し込み後〜利用開始までの流れを
説明します。申し込み前にご確認ください。