LINEMOはVoLTE対応機種じゃないと使えない?動作確認端末の調べ方も解説

LINEMOはVoLTE対応機種じゃないと使えない?動作確認端末の調べ方も解説

LINEMOはVoLTE非対応の機種でも使えるのか、気になっている方も多いのではないでしょうか。

お手持ちのスマホがLINEMOで対応している端末なのかは、事前に確認しておきましょう。

本記事では、LINEMOはVoLTE対応機種じゃないと使えないのかという点や、動作確認端末の確認方法、VoLTEがそもそもどのようなものなのかなど解説します。

目次

LINEMOはVoLTE対応機種で

LINEMOでは、VoLTEに非対応の端末は利用できません。VoLTE対応の端末が必要となります。

比較的新しい機種であればほとんどは問題なくVoLTEに対応していますが、かなり古い機種となるとVoLTE非対応の機種も多くなります。

LINEMOを利用する際は、お手持ちのスマホがLINEMOが利用できる端末かは必ず確認しておきましょう。LINEMOの対応機種はこちらの動作確認端末に関するページで確認できます。本記事の後半でも確認方法を紹介しているので、併せてご確認ください。

なお、キャリアの3Gのサービスはソフトバンクで2024年1月下旬、ドコモで2026年3月末、auで2022年3月末にそれぞれ終了予定です。VoLTE非対応の機種をお持ちの方は、少なくとも音声通話が使えなくなるので、お気を付けください。

そもそもVoLTEって?

VoLTEは、Voice over LTE(=Voice over Long Term Evolution)の略です。音声データをデジタルデータに変換し、LTEの回線上でやり取りすることで、高音質な音声通話を可能にしています。

少し前までは3Gのネットワークを利用した通話が主流でしたが、現在ではこのVoLTEによる通話が主流となっています。

VoLTEのメリット

続いて、VoLTEを利用するメリットを見ていきましょう。VoLTEのメリットとしては、具体的には以下が挙げられます。それぞれ詳しく紹介していきます。

  • 音質が良い
  • 同時に高速データ通信が可能
  • 呼び出しまでの時間が短くなる

音質が良い

VoLTEは、従来の音声通話より高音質な通話(HD Voice)が可能です。
VoLTE(HD+)は、VoLTEをさらに高音質化する音声コーデック技術EVS(Enhanced Voice Services)に対応し、今までのVoLTEよりも、さらに高い音まで聞こえ、よりクリアな音質の通話がご利用いただけます。

人の耳で聴こえる音声周波数の範囲が、20Hzから20,000Hzと言われています。このうち、従来の3Gの通話の場合、4000Hz程度の周波数までをカバーしています。一方、VoLTEの場合8,000Hz程度までをカバーしています。さらに高音質なVoLTE(HD+)の場合、15,000Hz程度までをカバーします。

VoLTEの技術により、高周波数の高い音まで聞こえるようになるので、音がこもらずクリアで聞き取りやすくなります。

また、VoLTEによりビデオ通話の画質も向上します。3Gでのビデオ通話に比べると、より高画質の映像の送受信が可能です。

なお、VoLTEはソフトバンク、ドコモ、au、楽天モバイルはもちろん、MVNO(格安SIM)でも利用できます。同じ携帯電話会社同士でなくても、相手も自分もVoLTEが使える環境であれば、もちろんVoLTEでの通話が可能です。

同時に高速データ通信が可能

VoLTEでは、通話中も4Gでの高速通信が可能です。

VoLTE非対応の機種の場合、通話中は3Gへ回線が切り替わり、通信も3Gとなります。通話中はデータ通信の速度は大幅に低下してしまいます。

一方で、VoLTE対応機種の場合、通話中も4Gへ接続したままです。通話中であっても、高速通信が可能となります。

呼び出しまでの時間が短くなる

VoLTEでは、3Gに比べると電話をかけてから呼び出されるまでの時間が短くなります。

VoLTE以前のLTE端末では通話の際、通信方式を4Gから3Gの回線へ切り替える作業が必要になるため、発信・着信をする前に少し時間がかかってしまいます。

一方で、VoLTEでの通話の場合、データ通信も電話も4Gの回線上で行うため、通話による切り替え作業が発生しません。発着信に時間がかかることはなく、呼び出しまでの時間は短くなります。

VoLTE の設定方法

VoLTE の設定方法

端末のVoLTEの設定がオフになっていると、通話は3Gで繋がります。3Gでの通話となると、通話の音質が低下し、相手の声が聞き取りにくくなってしまいます。また通話中のデータ通信も低速化します。

お手持ちのスマホのVoLTE の設定がオフになっていないかは、あらためて確認しておきましょう。特に「何となく、通話の音質が良くない気がする」といった場合は、設定を再確認しておきたいところです。

iPhone、Android それぞれでのVoLTEの設定の確認方法は以下の通りです。

▼iPhoneでの確認方法(※1)
1. 「設定」アプリを開く
2. 「モバイル通信」>「通信のオプション」>「音声通話とデータ」の順に選択
3. 回線が「LTE」、VoLTEがオンになっているかを確認

  • ※1 iPhone 12 以降の5G対象機種は、設定不要です。不具合が生じた際には電源の入れ直しをお試しください。

▼Androidでの確認方法(※2)
1. 「設定」アプリを開く
2. 「ネットワークとインターネット」>「モバイルネットワーク」>「優先ネットワークタイプ」の順に選択
3. 「4G」を含む項目が有効になっているかを確認

  • ※2 AndroidでのVoLTE確認方法について
  • ・ 機種によって手順や表記が異なる場合があります。
  • ・ VoLTEのご利用には、通話する2つの携帯電話で以下の内容を満たしている必要があります。
    ・ ソフトバンクのVoLTE対応機種かつ、適用中であること
    → VoLTE対応機種について詳しくはこちらをご確認ください。
    ・ 4G LTEサービスエリア内であること
    → SoftBank 4G LTEの対応エリアマップについて詳しくはこちらをご確認ください。
  • ・ 5G対応外機種を5Gと表示しているエリアでご利用の場合、SoftBank 4GまたはSoftBank 4G LTE通信となります。

LINEMO対応機種を調べよう

LINEMOの対応機種はこちらの動作確認端末に関するページから確認できます。

ソフトバンク、ドコモ、au、SIMフリーのiPhoneについては、iPhone 6s以降の全機種が動作確認端末となっており、音声通話、データ通信、SMS、テザリングの全ての機能が利用可能です(※)。

▼iPhoneで動作確認端末(ソフトバンク、ドコモ、au、SIMフリーの場合) ※2022年3月執筆時点

  • iPhone 6s/iPhone 6s Plus
  • iPhone SE
  • iPhone 7/iPhone 7 Plus
  • iPhone 8/iPhone 8 Plus
  • iPhone X
  • iPhone XR
  • iPhone XS/iPhone XS Max
  • iPhone 11/iPhone 11 Pro/iPhone 11 Pro Max
  • iPhone SE(2020・第2世代)
  • Phone 12/iPhone 12 mini/iPhone 12 Pro/iPhone 12 Pro Max
  • iPhone13/iPhone13 mini /iPhone 13 Pro/iPhone 13 Pro Max
  • iPhone SE(第3世代)

LINEMOを契約する際は、お手持ちの機種がLINEMOの各機能に対応しているのかは、ぜひ事前に確認しておきましょう。

  • ※ 動作確認端末について
  • ・SIMロックが解除されていない製品は利用できません。
  • ・LINEMOが独自に調査した結果です。内容を保証・サポートするものではありません。
  • ・ソフトバンクの主要周波数非対応機種の場合、場所によっては電波をつかみにくい場合があります。対応状況は各販売事業者でご確認ください。
  • ・その他の詳細は文末の※を参照

まとめ

LINEMOではVoLTE非対応の機種は利用できません。かなり古い機種の場合は、VoLTE非対応の可能性もあるので注意が必要です。

LINEMOを契約する際は、お手持ちのスマホが動作確認端末に含まれているか、ぜひ事前に確認しておきましょう。

  • ※ 動作確認端末について
  • ・ SIMロックが解除されていない製品はご利用いただけません。
  • ・ LINEMOのサービスエリアでご利用頂けます。サービスエリアは最大で利用可能なエリアとなります。
  • ・ サービスエリアはご利用機種が対応している通信方式、周波数により異なります。
  • ・ 機種により利用可能な通信方式や周波数が合致していてもご利用いただけない場合があります。
  • ・ ご利用機種の仕様については携帯電話機の販売事業者にお問い合わせください。
    通話、TVコール、SMS、パケット通信及びテザリング等のLINEMOの全てのサービス・機能について、動作保証できません。
  • ・ 当社は、お客様の端末が正常に動作すること、LINEMO通信サービスを利用できること、サービス及び機能の全部又は一部を利用できる性能を備えていること、不具合が生じないことその他一切を保証しません。
  • ・ 当社は、端末の保証、サポート又はアフタサービス等を提供するものではなく、当社が契約上又は法令上お客様に対して契約不適合責任又は保証責任を負っている場合を除いて、何ら責任を負うものではありません。お客様の端末に関する不具合、問題又はトラブル等については、お客様と携帯電話機販売事業者との間の契約等に基づき、その責任を有する携帯電話機販売事業者へお問い合わせください。
  • ・ お客様の端末の設定状況、性能、通信環境によって、LINEMO通信サービスの全部又は一部がご利用いただけない場合がありますが、当社は一切の責任を負いません。
  • ・ 当社又は第三者が提供する通信サービス、アプリケーションサービス、コンテンツサービスその他何らかのサービスが利用できなかった場合でも、これらの契約条件に基づくサービスのご利用料金は発生します。
  • ・ VoLTEに対応していない端末及び3G専用端末については、LINEMO通信サービスをご利用いただけません。
  • ・ 不正に契約又は取得した端末については、LINEMO通信サービスの利用を制限する場合があります。
  • ・ LINEMO通信サービスのeSIMとLINEMO通信サービス以外のUSIMカードを組み合わせて、同時待受(DSDS)により使用する場合、動作保証できません。
  • ・ 端末1台で2回線ご利用(デュアルSIM機能)で、そのうちの一つの回線がデータ通信専用SIMの場合、その回線をモバイルデータ通信の回線として設定すると緊急機関(110/118/119)への発信ができないことがあります。

※当ページの内容は公開日時点の情報です。
※表示価格は特に断りがない限り税込です。

同じカテゴリの記事 同じカテゴリの記事

Pick up!キャンペーン