LINEMOを選ぶメリット・デメリットは?契約前に知っておきたいポイントも解説

LINEMOを選ぶメリット・デメリットは?契約前に知っておきたいポイントも解説

「LINEMOに興味があるけど、他の通信ブランドとどこが違うのか」と疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

せっかく乗り換えをするなら、少しでもお得で、ご自身に合ったところを選びたいのが正直なところでしょう。

そこで本記事では、LINEMOを選ぶメリットやデメリット(LINEMOを契約する前に知っておきたい注意点)、LINEMOはどのような方におすすめなのかなどについて紹介していきます。

LINEMOはご自身に合った契約先なのか、チェックしていきましょう。

目次

LINEMOを選ぶメリットは?

LINEMOを選ぶメリットとしては以下が挙げられます。

  • 2タイプのシンプルでお得な選び方
  • LINEアプリがギガフリーで使い放題
  • ソフトバンクと同一ネットワーク
  • 5G通信も使える
  • 広範囲の通信エリア
  • eSIMに対応
  • 事務手数料が無料
  • PayPayポイントあげちゃうキャンペーン
  • 通話オプションもお手頃価格
  • iPhone向け保証サービスがある

LINEMOなら、高品質なキャリアの通信・通話を、手頃な料金で利用できます。LINEアプリがギガフリーで使い放題で、eSIMに対応しているなど、便利なサービスが揃っているのも魅力です。

LINEMOを選ぶメリットをそれぞれ見ていきましょう。

2タイプのシンプルでお得な選び方

LINEの料金プランは以下の2つです。スマホの使い方に合わせてプランを選択できます(※)。

スマホプラン ミニプラン
データ量 20GB 3GB
月額基本料(税込) 2,728円 990円
LINEギガフリー 対応 対応
データ量超過後の通信速度 最大1Mbps 最大300kbps
契約後のプラン変更 ミニプランに変更可能 スマホプランに変更可能
データ量の追加購入 550円/1GB 550円/1GB
国内通話 22円/ 30秒 22円/ 30秒

たくさんデータ通信を使うなら20GBが使える「スマホプラン」、少ないデータ通信で済むなら「ミニプラン」がそれぞれオススメです。

なお、契約後も2つのプランの間でプラン変更が可能です。「ミニプランだと足りなくなった」「スマホプランにしたけど、データ通信をそんなに使わなくなった」など使用状況の変化に合わせて、柔軟にプラン変更できます。

使い方に合わせて、「ギガ多め」「ギガ少なめ」の2種類のプランが選べるのは魅力ですね。

  • ※「スマホプラン」「ミニプラン」について
  • ・時間帯により速度制御の場合あり。
  • ・通話従量制(22円/30秒)。ナビダイヤル(0570から始まる番号)など異なる料金の電話番号があります。
  • ・オンライン専用
  • ・その他の詳細は文末の※1を参照

LINEアプリがギガフリーで使い放題

LINEMOでは、LINEアプリ内のトーク、音声通話、ビデオ通話などでギガを消費しない「LINEギガフリー」を提供しています。家族や友人とのやり取りでLINEを使う機会の多い方には、うれしい機能ではないでしょうか。

LINEの音声通話やビデオ通話自体は、LINEMOでなくても無料で使える機能となりますが、気になるのはデータ通信量です。例えばビデオ通話の場合、1時間あたり300MB程度のデータ通信量が発生します。

「LINEギガフリー」を使えば、通話料も通信量も気にせずに、LINEの通話機能が使えます。今まで以上に家族や友人とのやり取りにLINEを活用していくことができるはずです。また、LINE通話は現状ではあまり使っていなかった方も、ギガも料金もかからないとなると、通話をするときの新たな選択肢になりそうですね。

もちろん家でも外でもLINEギガフリーとなりますので、家では固定回線のWi-Fiを利用していて気にせず使っているけれど、「外ではLINEの音声通話やビデオ通話を控えている」という方でも、ギガフリーなので安心して、ストレスなくご利用いただけます。

  • ※「LINEギガフリー」について
  • ・トークでの位置情報の共有・Live の利用、スタンプショップの利用、ニュース記事の閲覧など、一部 LINE ギガフリーの対象外があります。
  • ・その他の詳細は文末の※2を参照

キャリア品質の通信が可能

LINEMOはソフトバンクの回線を利用しているため、キャリア品質の高速通信が可能です。

料金の安い携帯電話会社へ乗り換えたいとなると、キャリアの提供するサブブランドやオンライン専用ブランドのほか、各MVNOのサービスも選択肢になってくるかと思います。

MVNOは、ソフトバンク、ドコモ、auといった大手キャリアから通信回線の一部帯域を間借りして、サービスを提供する事業者です。そのため、ユーザーが集中する時間帯(昼休み、通勤通学時など)になると、通信が不安定になったり、通信速度が低下したりといったことがキャリアに比べて起こりやすい傾向にあります。

キャリアの回線が車線の多い道路だとすると、格安SIMは車線の少ない道路というイメージです。回線が空いている時間帯であれば体感での差は少ないですが、昼時などユーザーの多い時間帯になると、格安SIMの方が回線混雑を起こしやすい傾向にあります。

LINEMOについては、ソフトバンクの回線をそのまま利用しているため、通信速度もキャリアと同等の品質が期待できます。「料金を抑えたいけど、通信品質は妥協したくない」という方には、キャリア品質の通信が使えるLINEMOがぴったりです。

5G通信も使える

LINEMOは、5Gでの通信に対応しています。スマホプラン、ミニプランともに、追加料金なしで、ソフトバンクの5G回線が利用できます。

なお、5Gのエリアは現状では大都市周辺の地域などに限られ、地方では繋がらないことも多いですが、今後もエリアは徐々に拡大していく予定です。

5Gのエリア外にお住まいの方も、5G対応の契約先を選んでおくと、後々便利になるでしょう。LINEMOの5G対応エリアは、こちらのページから確認できます。

広範囲の通信エリア

LINEMOはソフトバンク回線を使用しています。そのため、地方や山間部も含め、全国の広い範囲で通信が繋がります。電波の繋がりやすさが気になっている方も、安心して利用できます。

eSIMに対応

LINEMOは「eSIM」にも対応しています。

手持ちのスマホで通信・通話を使うためには、通常「SIMカード」と呼ばれる小さなICカードが必要です。SIMカードには契約者情報を記録されていて、通信・通話を使うための身分証のような役割を果たしています。お手持ちのスマホにも、SIMカードが挿入されている方が多いはずです。

一方、eSIMは、スマホに内蔵された本体一体型のSIMのことです。

eSIMであれば、オンライン上で契約者情報の書き換えができるため、SIMカードの郵送は不要となります。オンライン完結で申し込みから開通までを完了できます。

「思い立った時にすぐに回線を使いたい」「サブの回線がすぐに欲しい」といったケースでも、eSIMならすぐに対応が可能です。

eSIM対応スマートフォンについては、こちらから確認できます。

事務手数料が無料

LINEMOは、契約の際の事務手数料が無料です。

契約事務手数料としては3,300円などの金額を設定しているところもあり、初期費用としては無視できない金額となっています。特に月額1,000円を切るお手頃なプランを契約するとなると、出費として大きく感じてしまうところだと思います。

なお、LINEMOについては、契約事務手数料だけでなく、契約解除料、MNP転出手数料も全て無料です。契約期間などを気にせずに、まずは気軽に試してみたいという方も安心して契約できます。

PayPayポイントあげちゃうキャンペーン

LINEMOでは、他社からの乗り換えなどを対象にPayPayポイント還元のキャンペーンを実施しています。

2022年4月の時点では、最大10,000円相当のPayPayポイントが貰える「PayPayポイントあげちゃうキャンペーン」を実施中です。

スマホプランに他社から乗り換えすると、最大金額の10,000円相当のPayPayポイントが貰えます。普段のお買い物にご活用いただける、お得なキャンペーンです。

LINEMOでは随時キャンペーンを実施しているので、公式ページをチェックしてみてください。

  • ※PayPayポイントあげちゃうキャンペーンについて
  • ・ミニプランは対象外です。
  • ・ソフトバンク・ワイモバイル・LINEモバイルからの乗り換えは対象外です。
  • ・その他の詳細は文末の※3を参照

通話オプションもお手頃価格

LINEMOでは、通話オプションも手頃な価格で追加できます。通話オプションは、1回あたり5分までの国内通話が何回でも無料になる「通話準定額」、国内通話が全て無料になる「通話定額」の2種類です。

通話準定額 通話定額
料金(税込) 550円 1,650円
オプション内容 5分/回以内の国内通話が無料 国内通話無料

家族や友人などと5分以内の短い通話をする機会が多い方は「通話準定額」、長電話をする機会がある方は「通話定額」に加入しておくと、通話料の節約に繋がります。

なお、LINEMOの通話料金は30秒あたり22円です。1か月あたり37.5分以上の国内通話を利用するなら、「通話定額オプション」への加入がお得になります。

また、3分の通話を5回すると660円の通話料が発生することになるので、目安としてこれ以上の頻度で短い通話を利用する方は、「通話準定額」への加入がお得です。

安い料金プランで契約できたとしても、通話料が落とし穴になって携帯料金が高くなってしまうこともしばしばあります。通話オプションを利用して、たくさん通話をする使い方にも対応できる点は、LINEMOの大きなメリットですね。

  • ※通話オプションについて
  • ・国際通話、0180、0570等の電話番号への通話料、番号案内(104)等は無料通話の対象外。
  • ・通話準定額の場合、5分を超える国内通話は、30秒につき22円の通話料が別途かかります。
  • ・その他の詳細は文末の※4を参照

iPhone向け保証サービスがある

LINEMOを新規契約して対象のiPhoneをご使用の方に対し、Apple公式の修理サービスやサポートが受けられる「持込端末保証 with AppleCare Services」提供しています。

iPhoneの購入日にかかわらず、万が一の故障や破損が発生してしまった場合にサポートが受けられるため、安心してスマートフォンを利用いただけます。

LINEMOを契約する前に知っておきたいポイント

LINEMOを契約する前に知っておきたいポイント

LINEMOを契約する前に知っておきたい注意点としては以下の3点です。

  • 契約はオンラインに限られる
  • キャリアメールがない
  • 家族割がない

それぞれ詳しく見ていきましょう。

契約はオンラインに限られる

LINEMOの契約は、公式サイトからのオンラインでの申し込みに限られます。ソフトバンクショップや、ソフトバンク取扱店からは申し込みはできません。

ただし、初期設定については、SIMカードとともにマニュアルが自宅に届きます。こちらを参照して一つずつ進めていけば、問題なく完了できます。

また、LINEMOは「LINEMO かんたんeSIM開通」というアプリも提供しています。こちらを利用すると、eSIMプロファイルのダウンロード、APN設定など、eSIMの初期設定を簡単に行うことができます。

マニュアルやアプリを利用することで、一人でも問題なく手続きを完走できるはずです。来店不要で自宅で手続きができる点はメリット」とも捉えられます。ぜひトライしてみてください。

お問い合わせなどのご質問は、チャットやLINEでも受け付けていますので、お気軽にお問合せいただけます。

キャリアメールがない

LINEMOでは、キャリアメールは提供されていません。

キャリアメールは、携帯を契約するとユーザーに付与されるメールアドレスのことです。ソフトバンクであれば、「~@softbank.ne.jp」、ドコモなら「~@docomo.ne.jp」、auなら「~@ezweb.ne.jp」といったアドレスが付与されます。現在利用中の方も多いでしょう。

LINEMOに乗り換えた場合、ドコモやauからの乗り換えはもちろん、ソフトバンクからの移行であっても、基本的にキャリアメールのアドレスは使えなくなります。

キャリアメールでよく連絡を取っている方は、注意が必要です。

ただし、キャリアメールについては各キャリアのメールアドレスの持ち運びサービスを利用すると、キャリア解約後も継続して利用できます。

各キャリアは、2021年12月からメールアドレスの持ち運びのサービスがスタートしています。LINEMOに乗り換えたいけどキャリアメールが使えなくなるのは困るという方は、こちらを利用してみると良いでしょう。

家族割引がない

「せっかく家族で契約するなら、家族割引のあるところで契約したい」と考えている方もいると思いますが、LINEMOでは、家族揃って契約をした場合でも割引を受けることはできません。

ただし、LINEMOについては、そもそもの料金設定が家族割込みのキャリアの料金水準より低く設定されています。キャリアの家族割込みの料金と比較しても、安く使えることが多いはずです。

また、通話料については、LINEの音声通話を利用することで、安く抑えることができます。LINEMOなら、LINEの音声通話がギガフリーで利用可能です。

プラン料金・通話料ともに安く抑えられるので、現状、家族割引を利用している方も、大幅な節約が期待できます。

LINEMOがおすすめな人

LINEMOがおすすめな人としては、以下のような方が挙げられます。

  • スマホ代を節約したい人
  • LINEをよく使用する人
  • お子さんにスマホを持たせたい人
  • 月々のデータ使用料が20GB以下の人

スマホ代を節約したい人

LINEMOなら月額990円(税込)から、通信・通話が使えます。

通話料も、LINEの音声通話や、通話オプションで上手に節約が可能です。とくに大手キャリアからの乗り換えとなると、毎月の料金を大幅に節約できるでしょう。

LINEをよく使用する人

LINEをよく使用する人も、LINEMOがおすすめです。LINEがギガフリーで使える点は、やはりメリットが大きいはずです。データ通信量がかからないとなると、今まで以上に気兼ねなく、家でも外でもLINEが使えます。

お子さんにスマホを持たせたい人

LINEMOが契約できる年齢は、18歳以上です。ただし、20歳以上を契約者にすれば、18歳未満を利用者登録して、LINEMOを利用することは可能です。小学生、中学生、高校生のお子さんも、LINEMOを利用できます。

また、大手キャリアと同様に、不適切なサイトや有害なアプリへのアクセスを制限するフィルタリングサービスはLINEMOでも用意されています。フィルタリングの設定をしておくことで、安心してお子さんにスマホを持たせることができます。

月々のデータ使用料が20GB以下の人

月々のデータ使用量が20GB以下で済む方は、LINEMOの「スマホプラン」がぴったりです。

LINEMOなら20GBを月額2,728円(税込)でお得に利用できます。使い放題までは必要ないという方は、20GBが手頃な価格で利用できるLINEMOのスマホプランがおすすめです。

まとめ

LINEMOなら、手頃な料金で、キャリア品質の通信・通話が利用できます。LINEの対象機能もギガフリーで使い放題なので、LINEを普段使う機会が多い方は、特に便利に利用できるはずです。料金もサービスの質もこだわりたいと考えている方は、ぜひLINEMOを検討してみてはいかがでしょうか。

  • ※1「スマホプラン」「ミニプランについて」
  • ・時間帯により速度制御の場合あり。
  • ・通話従量制(22円/30秒)。ナビダイヤル(0570から始まる番号)など異なる料金の電話番号があります。
  • ・契約者年齢が18歳以上であることが必要です。
  • ・法人は対象外です。
  • ・3G専用端末、VoLTEに対応していない端末、SIMロック解除に対応していない端末など一部対象外端末あり。
  • ・MMS(キャリアメール)は利用できません。
  • ・SMSや海外でのご利用分などは別途料金が発生します。
  • ・1カ月あたりのデータ利用量がデータ量上限を超えた場合、月末まで、送受信時の通信速度を最大で、スマホプランについては1Mbps、ミニプランについては300 kbps に制限します。
  • ・データ量上限を超過した場合、追加データ(550円/1GB)を購入することで、通常速度でご利用いただけます。
  • ・月途中に解約の場合(加入月に解約の場合を除く)は、日割り計算は行いません。
  • ・ネットワークサービスの安定的な提供のため、時間帯により、動画、ゲーム等のサービス、AR(拡張現実)等の機能を用いたサービス、その他トラヒックの混雑を生じさせるおそれのあるサービスのご利用にあたり、通信速度を制御します。
  • ・通信が混雑し、又は通信の混雑が生じる可能性がある場合、ネットワーク全体の品質を確保するため、通信の種類及び内容にかかわらず、速度を制御する場合があります。
  • ・一定期間内に著しく大量の通信を継続的に行い、機械的な通信と当社が判断した場合は、当該通信を行うお客さまに対して通信速度を制限することがあります。
  • ・余ったデータ量は翌月以降に繰り越しません。
  • ※2 「LINEギガフリー」について
  • ・トークでの位置情報の共有・Live の利用、スタンプショップの利用、ニュース記事の閲覧など、一部 LINE ギガフリーの対象外があります。
  • ・OS、ブラウザ又はアプリケーションのバージョンアップ、アップデート、Wi-Fiからの切替その他技術的要因により、ギガフリーの対象外となる場合があります。詳細は、LINEMOホームページをご確認ください。
  • ・iOS 15以降でiCloud+を利用する際に、プライベートリレーをオンに設定した状態でSafariブラウザからギガフリーの対象サービスを利用すると、データ量を消費する場合がございます。プライベートリレーをオフにした場合、iOS 14以前同様にギガフリーの対象サービスがデータ量を消費せずご利用いただけます。
  • ・ギガフリーの対象サービスは、変更、追加、廃止又はギガフリーの対象外となることがあります。
  • ・時間帯により速度制御される場合あります。
  • ・LINEサービス内で有料のサービスを利用する場合は、別途お支払いが必要です。
  • ※3 PayPayポイントあげちゃうキャンペーンについて
  • ・ミニプランは対象外です。
  • ・ソフトバンク・ワイモバイル・LINEモバイルからの乗り換えは対象外です。
  • ・ 特典付与対象判定月(開通日の属する月の4カ月後)に、ご契約時のプランから変更されている場合は対象外です。・特典付与対象判定月までに一度でも「ミニプラン」にプラン変更した場合は、特典付与の対象外となります。
  • ・LINEMOの回線を利用可能な状態にする前にキャンセルされた場合、本特典は付与されません。
  • ※4 通話オプションについて
  • ※ 国際通話、0180、0570等から始まる他社が料金設定している電話番号への通話料、番号案内(104)等は無料通話の対象外です。その他当社が指定する電話番号(当社以外が提供する電話サービスの利用にあたり接続する電話番号、一方的な発信又は機械的な発信により、一定時間内に長時間又は多数の通信を一定期間継続して接続する電話番号など)は、無料通話の対象外となります。
  • ※ 既にLINEMOをご利用中のお客さまが通話準定額・通話定額に加入した場合や、月途中に解除申込をした場合は、翌請求月から適用となります。
  • ※ ご契約回線を解約する場合、通話準定額・通話定額の月額料金は日割り計算を行いません。
  • ※ 通話準定額の場合、5分を超える国内通話は、30秒につき22円の通話料が別途かかります。

※当ページの内容は公開日時点の情報です。
※表示価格は特に断りがない限り税込です。

同じカテゴリの記事 同じカテゴリの記事

Pick up!キャンペーン