なぜ「電話リレーサービス制度」が必要なのですか?

サービス利用者側の負担だけではサービス提供が困難であり、公共インフラとして提供できるよう、その費用を電話会社全体で応分に負担する仕組みが必要になったためです。

1

「電話リレーサービス」は、2002年より民間事業者により提供が開始され、2013年から(公財)日本財団が厚生労働省の補助金を受けつつ、モデルプロジェクトとして実施されてきました。

しかし、事業性の課題が解決せず提供が困難となったところ、2018年の国会において公共インフラと認識されました。

それにより、公共インフラとして「電話リレーサービス」を提供できるよう、サービス提供確保に必要な費用を電話会社全体で応分に負担する仕組みとして「電話リレーサービス制度」が導入されました。